FC2ブログ
プロフィール

もう一つの危機管理_Buster21.

Author:もう一つの危機管理_Buster21.
Bster21_もう一つの危機管理、FC2ブログへようこそ!

在日社会を基盤母体とした、いじめ・カツアゲ・家族家庭崩壊工作などの、内部に潜入・或いは、支配する日本攻略のソフト戦争に応戦中の中、草莽号は、大デマ宣伝のヤミ人民裁判による日本攻略勢力の世間工作で、悪玉論の大拡散で緊急事態に遭遇、現在、凌ぎの活動の中にあり、先の見通しを付けられない状況にあります。・・・この際、下記の如く訴えさせて頂きますが、悪しからずご理解を賜りたく思いますので宜しくお願い致します。

日本の危機・日本人の危機に世論戦の現実対応の、生活妨害との戦闘の報いとばかりに、人権侵害、及び、公共利用もネットも遮断の、唐突な身内を動かす資金封鎖工作に遭遇して居ます。

日本人狩りの、虐めやカツアゲ・家庭破壊工作の朝鮮策動の現実的実務に草莽号の存続が必要と、ソフト戦争に意識の御有り方の支援金を募りたいと思います。宜しくお願い致します。
お振込先は二通りになります。
郵貯銀行_記号-12130_ 番号-77749061_
愛知銀行. 店番207. 普通. 口座2012014_
以前にお振込み頂いて居た方々には、お礼が遅れまして申し訳ありませんでした。
生活上での戦闘資金に充てさせて頂きますので、宜しくお願い致します。

フリーエリア
最新コメント

主権の有る国民と、主権の無い国民とは、差異があるのは当然。密入国の不正滞在者は、納税など出来る分けが無い筈。

2019/11/15 12:18:00 | 特殊工作・拉致監禁軟禁工作・組織的ストーキング・イジメ・極左活動体 | コメント:0件

危機管理上、主権の管理体制の整備は大変じゅうようです。。 主権を行使できる国民とは、納税義務が有る者とすべきですが、乱れて無いかを厳重にチェックして行く事が、危機管理の実務とも思われますね。・・ 主権(しゅけん) の意味 https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E4%B8%BB%E6%A8%A9/#jn-105271 しゅ‐けん【主権】 の解説 1 国民および領土を統治する国家の権力。統治権。 2 国家が他国からの干渉を受けずに、独自の意思決定を行う権利。国家主権。 3 国家の政治を最終的に決定する権利。「国民主権」 しゅけんしゃ【主権者】 〔「しゅけんじゃ」とも〕 主権を有する者。 https://kotobank.jp/word/%E4%B8%BB%E6%A8%A9%E8%80%85-528381 出典 三省堂大辞林 第三版について 情報 精選版 日本国語大辞典の解説 しゅけん‐しゃ【主権者】 ?名? ① 国家の現実の支配権を持つ者。旧憲法の下では天皇、新憲法の下では国民。〔仏和法律字彙(1886)〕 ② 家庭、団体などで、その最終的なあり方を決定する権力を持つ者。 ※日本の下層社会(1899)〈横山源之助〉二「維新前は、問屋は産業界にては唯一の主権者にして実に平民社会には上級を占めたり」 主権 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E6%A8%A9 主権(しゅけん)とは、国家の構成要素のうち、最高・独立・絶対の権力[1][2][3]、または、近代的な領域国家における意思決定と秩序維持における、最高で最終的な政治的権威を指す、・[4][5]。国家主権のこと[3]。 具体的には、以下の3つが基本的意義となる。 国家の統治権(国民および領土を統治する国家の権力)、、・[6][2][7] 他国の支配に服さない最高独立性、、・[2][1]。対外主権[8]。 国家の政治のあり方を最終的に決める権利のこと、、・[9][1]。 もともとのフランス語、英語での意味は「至上、最高、他より上位の」であり、多義的な用語・概念で、論者によってさまざまな意味が盛りこまれるため、また、国家や政府、そして国家の独立や民主主義に関するものであるため、主権概念については多くの論争がある、[5][10][11]。また国際関係を規律する国際法では、各国の主権が平等で尊重されるとともに制限されるなど、多くの問題を残している、[8]。 国民 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 https://ja.wikipedia.org/wiki/国民 この項目では、国中の民について説明しています。その他の用法については「国民 (曖昧さ回避)」をご覧ください。 Question book-4.svg >> 国民(こくみん)とは、「国に属する個々の人間」を指す場合と、「国に対応する人間集団をまとめて」指す場合とがある。 共産主義的なニュアンスを嫌悪するなどの理由で「人民」(じんみん)の言い換えとして用いられることも多いが、外国人を含むかどうかなど意味合いも変わるため、「国民」ではなく「人々」などと言い換える場合もある。 目次 1 国民:国籍を持つ人 (national, citizen) 2 国民:政治共同体 (nation) 2.1 語源(natio,gens) 国民:国籍を持つ人 (national, citizen) 個々の人間を指す場合、国民とはある特定の国において、その国の国籍を持つ者をいう。国民と対比して、その国の国籍をもたない者を外国人という。 日本国内において法用語として用いられる場合、国民の要件を定めた日本国憲法における「国籍法 (日本)」を参照。 国民:政治共同体 (nation) 何らかの共通属性を根拠にして、まとまった広域の政治的共同体を、集合的に国民と呼ぶこともある。国民は、居住する地理範囲に一つの国家を形成することが予定される。そのような条件を満たす国家を、国民国家と呼ぶ。この意味での国民は、民族と重なる例が多いが、言語・文化にもとづかない国民もあるため、完全に同等というわけではない。 国民が持つとされる属性は、文化・言語・宗教・歴史経験など国によって基準が異なる。また、どのような基準をとっても国内外にそこから外れる人がでてくる。そのような逸脱に対しては、同化・排斥・追放などの動きが生じる場合がある。 国民は、共通属性の産物ではなく、政治の産物である。国民の擁護者が出現し、その宣伝や教育が成功して、人々が自らを宣伝された区分での国民であると自覚したときに、国民が生まれる。ベネディクト・アンダーソンは以上のように説き、国民を「想像の共同体」と規定した。実際に、共通属性を持つ集団が国民意識を生まないことは非常に多く、スイスの例のように共通属性がないところに国民意識が生まれることも稀にある。 デイヴィッド・ミラーは、ナショナリティ(国民意識)はナショナル・アイデンティティとして、人間のアイデンティティの構成する重要な要素だという[1]。ただし、他のアイデンティティを排除したり、特権的な位置にあるわけでも無いと注意している。また、ナショナリティにはネーション(同胞国民)という倫理共同体を作り、正義や分配といった規範を形成し、ある種の義務感を生じさせる機能がある。ナショナリティによって作り上げられたネーションは、共同で物事を決めていく、政治の基本的な単位であるという[1]。 一方、対内的には、国民という概念は、政治を一部の特権者や有力者だけに関わるものとする考えを退ける。少なくとも観念的には、その範囲内のすべての人を身分、財産、能力等に関わらず政治共同体の中に含め、国家の行為をすべての人の共同行為とみなす。 それゆえ、国民という概念からは、ある共通属性から外れる人を排除し(場合によっては差別し)つつ、区切った範囲内においては人を平等化するという二重の作用が生まれる。このような国民を求める運動は、歴史的には、18世紀のヨーロッパで国民主義として始まり、20世紀には世界中に広まった。 最高法規である憲法において、国民主権を定める国家において、国民は主権を有し、主に選挙権及び被選挙権を以って、参政権を行使することができる。 https://souhouaighi21.fc2.net/blog-entry-211.html 家庭でもできる主権者教育とは? ~子どもの時から政治を身近に~ https://say-kurabe.jp/32878 2018年05月21日公開 若者の政治参加を促す一環として「主権者教育」が注目されるようになりました。ことの発端は2016年7月に導入された「18歳選挙権」にあります。それまで選挙で投票できる年齢は20歳以上となっていましたが、18歳・19歳の未成年でも政治に参加することができるようになったのです。 学校や地域で実施されれる主権者教育について、ただ導入された内容に従うのではなく、家庭でも話し合いの機会を設け、今後について考えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。 そもそも主権者教育とは? 主権者教育の発端となったのが18歳選挙権でもあるので、若者を選挙に参加させるための教育だと勘違いしている人もいるかもしれません。確かに選挙に行かない大人が増えて選挙の投票率が低いことが問題になっています。若いうちから、政治や選挙の仕組みを学び、投票率を上げることも目的の一つではありますが、それだけが目的ではありません。 主権者教育とは、選挙や政治にとどまらず、社会の課題について、これからの社会を作るために意思決定のプロセスを用いて、若者自身が知り・考え・決めるなどの自主的な行動を学び成長するためのものです。 主権者教育を総務省が定義づけたきっかけに欧米などで1990年以降にシティズンシップ教育(市民としての資質・能力を育成するための教育)が定着したことにあります。日本も時代の変化に伴い教育のあり方に変化を付けていかなくてはいけないと考えられるようになったのです。 以前から主権者教育についての必要性は求められてきましたが、それを実現するのは容易なことではありませんでした。教育現場でもさまざまな取り組みが行われていますが、日常生活や家庭でも主権者教育は取り入れることができるのです。 家庭でできる主権者教育とは? 主権者教育とはただ政治や選挙のことを考えることではありません。主権者教育の考え方として自分自身の生活を見直す機会とすること、その上で理想とのギャップや課題を見つけ、それが政治とどう関係があるのかを知り・考えることにあります。 そのうえで政治に関わる必要があれば主権者として参画することもできるのです。主権者教育は今や学校では8割以上で何かしら副本などを用いて教育が行われていますが、それをすべて家庭に託してしまうとどのようなことが起きるでしょうか。 そもそも親がきちんと主権者として子どもに指導できるのかという問題があります。家庭の事情などによって環境なども異なるので、家庭によって主権者教育を行うことができる場合もあれば、実施しない、実施できない家庭もあり同じ年代の子供でも差ができてしまいます。 それゆえに、学校などの教育現場での主権者教育は必要です。でも、学校に任せきりではいけないでしょう。 家庭でできる主権者教育は「今話題になっている政治」について家族で話し合うことではないでしょうか? 子どもだけでなく、親も政治や社会の問題について興味を持ち、まずはそれぞれの考えを否定することなく話していくのがよいでしょう。社会的な課題や問題についてどうすれば克服できるのか、よりよい社会をどうすれば実現することができるのかを話す時間を作ることが大切なのです。 社会全体で意識を高めることが大切 主権者教育は学校で教えているだけではどうしても不十分になってしまいがちで、十分に理解するためにも社会全体で取り組む必要があります。教育現場はもちろん、家庭、地域、ボランティアなどさまざまな人達が協力しあい、主権者教育の大切さを伝えていくことが重要なのです。 ただ選挙権を持っているから選挙に行くのではなく、政治に興味を持ち自ら政治家を選ぶことが大切です。 特にこれからの日本は課題が山積みです。今の日本は起きている問題を先送りにすることしかできていません。そのため今若い世代や子どもたちが社会を背負って行く時に社会に参加して自分たちの手で作り出して行くことが重要なのです。 ただ決められたレールを進んでいくのではなく、自分の頭で考え行動していくことが主権者教育の醍醐味でもあります。学校教育ではできない家庭だからこそできる主権者教育を実践してみてはいかがでしょうか。将来を担う若者達にとって強く生き抜くきっかけにもなります。 外国人が日本に永住するための永住ビザ(永住権)について https://visa-immigration.net/info/eizyu_sinsei >> 外国人が日本に滞在するには、ビザが必要です。滞在期限や目的を心配せずに、日本にずっと住めるようになるのが永住ビザ(永住権)です。ここでは、どんな人が永住ビザ(永住権)をとれるのか、申請に必要な条件についてご説明します。 永住者(永住ビザ)とは 通常、外国人が日本に滞在するには、ビザを取得する必要があります。留学生なら留学ビザ、働くことが目的であれば、仕事内容にそった就労可能なビザを申請します。 永住ビザ(永住権)は、日本で一定の年数住んでいる外国人が申請できるビザです。ほかのビザとは異なり、滞在の期限や就労の制限がありません。日本に長く滞在したい、ずっと住みたいと思う外国人にとっては、最終目標となるビザといえます。 永住ビザ(永住権)を得ることのメリット では、永住ビザ(永住権)を取得すれば、どのような良い点があるでしょうか。一番大きいのは、滞在期限がないということです。そして、それ以外にも働く仕事の制限がなくなるなど、より日本で住みやすくなります。 滞在の期限に定めがない 通常のビザには、ビザごとに3ヶ月・1年・3年・5年といった風に滞在期間が決められています。 たとえば、1年の留学ビザを持っている外国人は、そのビザの期限内でしか日本に滞在することは許されません。それ以上の期間、日本で滞在したいと思うなら、持っているビザの満了期限内に、新たなビザを申請・取得する必要があります。 永住ビザ(永住権)には、こうした滞在期間の定めがありません。取得できれば、ビザの更新の負担や、不許可になる不安から解放されます。 就労の制限がない 日本で働く外国人は、職業に沿ったビザを取得する必要があります。仕事の内容や職種によっては、転職したら新たなビザを申請しなければいけないケースもあります。留学生や家族滞在ビザを持っている人は、働いてもいい時間の上限が定められています。 永住ビザ(永住権)には、就労の制限がありません。どんな仕事でも問題ありません。起業してもいいですし、別の仕事に転職するのも自由です。 また、取得した本人だけではなく、家族にもメリットがあります。たとえば、家族のなかでお父さんが永住ビザ(永住権)を取得したとします。その場合、妻は「永住者の配偶者等」の在留資格に変更します。「永住者の配偶者等」の在留資格は、家族滞在ビザとは違い働く時間の制限がありません。このように、永住ビザ(永住権)を取得するご本人だけではなく、ご家族にもメリットがあるビザです。 社会的な信用が高まる 外国人が日本で家を買うのに、特別な制限はありません。永住ビザ(永住権)をお持ちでなくても、家や土地を購入できます。 ただし、日本の銀行でローンを組む場合は、条件に「日本国籍か永住権をお持ちの方」と掲げている金融機関がほとんどです。そのため、家族と一緒に日本で暮らしたい。家を買いたいと思っている方にとっては、永住ビザ(永住権)を取得がマイホームの購入にむけた近道になります。社会的な信用が高まり、金融機関でローンを組みやすくなるからです。 強制退去の際の優遇について 滞在期間に定めのない永住ビザ(永住権)でも、法を犯すような強制退去の事由に該当する行いをした場合、母国に強制送還される可能性があります。しかし、永住ビザ(永住権)をお持ちの方であれば、それ以外のビザと比較して、審査の際に優遇して考えられるケースもあります。 永住許可の申請要件 永住ビザ(永住権)を取得するには、どのような条件を満たせばいいのでしょうか。 まず、原則として10年以上継続して日本に滞在していることが条件です。ただし、日本人の配偶者等は1年の滞在でよいなど、滞在期間についてはいくつかの特例があります。 申請に重要なのは、以下の3つの要件を満たしていることです。 素行が良好であること(素行善良要件) 日本の法律に違反せず生活していることが求められます。過去に懲役や禁固刑、または罰金に処せられたことがある人はハードルが高くなりますになります。滞在目的にあったビザを過去に得ていること。ビザが定める滞在期間を過ぎての不法滞在が過去にないこと。きちんと税金を納めていることなども、審査の対象となります。 独立の生計を営むに足りる資産または技能を有すること(独立生計要件) 日本に長く滞在できるというだけの、収入や資産を持っている必要があります。現在から将来において、安定した生活が送れるということが条件です。生活保護を受給している人は、申請は難しくなります。 その者の永住が日本国の利益に合すると認められること(国益要件) 原則として、継続して10年日本に滞在している必要があります。そして、この10年のうち、5年間は就労が可能なビザで滞在していなければいけません。さらに、いま持っているビザの期限が最長のものである必要があります。 「継続して10年」の数え方 永住ビザ(永住権)を申請するには、原則として継続して10年間日本に滞在している必要があります。もし、日本を出国し新たなビザで再度入国した過去がある場合、日本国外に滞在していた期間は「継続した年数」に含めることができません。新たなビザで入国したタイミングから10年をカウントすることになります。また、ビザが一度失効してまた新たな入国をするのではなく、同一ビザのまま長期出国する場合も注意が必要です。会社命令など、仕方がない理由が必要となります。さらにこのような仕方がない理由があったとしても、その後の来日後すぐに永住申請するのはやはり難しく、1年程度は実態のある日本生活を送ってから申請したほうがよいでしょう。 5年の就労ビザでの滞在期間 継続して滞在する10年のうち、5年間は就労が可能なビザで滞在していることが求められます。 留学や家族滞在のビザのような、限定的に働くことが許可されるビザは認められていません。たとえば、日本に留学生として来日、3年間は留学ビザで滞在したとします。永住ビザを申請する際、10年間の期間にこの留学中の3年をカウントすることはできます。しかし、就労可能なビザの5年に含めることはできません。また、技能実習ビザも永住許可申請の際の「就労可能なビザ」には該当しないので注意が必要です。 最長のビザ期間について 永住ビザ(永住権)を申請するとき、持っているビザが最長期間でなければいけません。ビザのカテゴリーによっては、「5年」を最長期間としているものがありますが、2018年7月現在、3年のビザがあれば申請ができるとされています。 10年住んでいなくても、永住ビザ(永住権)を申請できる特例 下記に該当する方は、10年間の滞在期間に満たなくても、永住ビザ(永住権)を申請できます。 在留期間 特例を受ける者 素行要件 独立生計要件 1年 日本人・永住者・特別永住者の配偶者 - - 日本人・永住者・特別永住者の実子/特別養子 - - 高度専門職 ポイント80点以上 〇 〇 3年 高度専門職 ポイント70点以上 〇 〇 5年 難民認定者 〇 - インドシナ定住難民 〇 〇 定住者ビザ保有者 〇 〇 貢献ガイドライン該当者 〇 〇 10年 日本人・永住者・特別永住者の養子 - - 日本人、永住者または特別永住者の配偶者について 1年以上日本に滞在していることに加え、婚姻生活を3年間継続していることが求められます。 難民認定者、インドシナ定住難民について 難民認定者は、「難民認定後」からカウントして5年以上日本に滞在している必要があります。またインドシナ定住難民の方は、「定住者」ビザを取得してからが、5年の滞在期間にカウントできる年数です。 最短1年で永住ビザを申請できる「高度専門職」とは 高度に専門的な技術をもつ、高度専門人材外国人に与えられるビザを、高度専門職といいます。ほかのビザとは異なり、「活動への制限がない」「一律で5年のビザを得ることができる」など、いくつかのメリットがあります。取得には、高度専門職ポイント計算表にて70点以上に該当する方が対象です。 ポイントは、学歴レベル・職歴・申請時の年齢・年収・研究実績などで主に判断されます。博士号などの高学歴で、関連する分野の経験があり、かつ実績や高い収入を得られる外国人の受け入れを促進するためにつくられたカテゴリーです。 この高度専門職のポイントで70点以上を獲得している方は、3年の継続した滞在期間で永住ビザ(永住権)を申請できます。80点以上の方は、1年の滞在で可能です。 また、永住ビザ(永住権)の申請時に高度専門職のビザをお持ちでない方でも、1年もしくは3年にさかのぼり、滞在期間中に該当するポイントを満たしていることを証明できれば、永住ビザ(永住権)を申請できます。 ポイントの計算方法は、変更になることもあります。以前はポイントに満たなかったけれど、最新の計算方法ではポイントを満たすケースもあります。詳しくは、お問い合わせください。 日本への貢献とはなにか 滞在期間の特例として、「我が国への貢献」が認められる外国人は、5年の継続した滞在で永住ビザ(永住権)を申請できます。この、「我が国(日本)への貢献」とは、具体的にどのような行為を指すのでしょうか。 たとえば、ノーベル賞や国民栄誉賞など日本国内や国際的に権威のある賞を受賞した方が該当します。ほかにも、経済・産業分野において日本の上場企業で経営に3年以上携わった経験がある人、研究分野で学術誌に多数の論文を掲載している人、オリンピックなどスポーツの大会で上位入賞した人などが対象です。 貢献の分野は、「外交」「経済・産業分野」「文化・芸術分野」「教育分野」など多岐にわたります。詳細は、法務省の「我が国への貢献」に関するガイドラインから確認できます。 申請に必要な書類 永住ビザ(永住権)の申請に必要な書類は、そのとき有しているビザの種類によって異なります。主に、「日本人または永住者の配偶者や子ども」「定住者」「技術・人文知識等の就労関係のビザ」「高度人材外国人」わけられます。 必要書類は、個別の状況や家族の事情によっても変わります。詳しくは、お問い合わせください。 No. 必要書類 対象者のビザ(在留資格) 日本人・永住者 の配偶者等 定住者 就労系 高度専門職 1 永住許可申請書 〇共通に必要な書類〇 2 本人写真 3 在留カード 4 パスポートまたは在留資格証明書 5 身元保証書(押印付き) 6 身元保証人に関係する資料 立証資料 保有在留資格に応じて、必要なものを準備 7 申請人の身分を証明する書類 (戸籍謄本、出生証明書、婚姻証明書等) 〇 〇 〇 〇 家族全員の住民票 〇 〇 〇 〇 申請人または扶養者の職業を証明する書類 〇 〇 〇 〇 申請人または扶養者の所得を証明する書類 〇 〇 〇 〇 我が国の貢献にかかる資料(ある場合のみ)   〇 〇 〇 高度専門職ポイント計算表       〇 ポイント計算の各項目に関する疎明資料       〇 申請人の資産を証明する資料 (預金通帳の写し、不動産の登記証明書等)   〇 〇 〇 永住ビザ(永住権)の申請に必要な、身元保証人とは? 申請時、身元保証人を決めなければいけません。身元保証人になれるのは、「日本人または永住権をもった外国人の方」 です。 「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」のビザを持っている方が申請するときは、その方の配偶者が身元保証人になれます。 永住ビザ(永住権)の申請に身元保証人が求められるのは、外国人の方が日本に滞在するにあたって、「滞在費」「帰国旅費」および「法令の遵守」を保証することです。金融機関からお金を借りるときの「保証人」とは意味合いが違います。法的責任ではなくいわば道義的責任です。 永住ビザ(永住権)を持っている人がなにか法を犯したからといって、身元保証人が罰せられることはないですし、帰国費用を請求されることもありません。。 在留期間が足りなくても、あきらめることはない? 永住ビザ(永住権)の申請には、特例にあてはまる方をのぞき、原則として就労ビザでの5年間を含む10年の滞在が必要です。しかしながら、以下のケースにあてはまる方は、10年に満たない滞在年数でも審査において配慮されることがあります。 日本で生まれた、または幼少期に親と入国し、中学校卒業まで義務教育の大半を日本で過ごした方 「特別永住者」または「永住者」の在留資格を持っていた方で、出国後やむを得ない事情により再入国許可期限をすぎて再度入国した方 配偶者の方、もしくは親が永住許可相当と判断される場合の、その配偶者または同じ世帯に属する子ども 出国後、病気などやむを得ない理由により再入国許可の期限が切れ、その後入国して再度おなじ種類のビザを持って滞在しているケース 永住ビザ(永住権)の審査は、原則として滞在期間の年数があるものの、それ以外には「こうであるべき」という明確な基準が存在しません。そのため、滞在状況や家族の状況などケースバイケースで判断されます。 10年という継続した滞在期間に満たないと思われる場合でも、日本での在留年数が10年相当ある方は、状況によって永住ビザ(永住権)が許可される可能性があります。ご自身のケースで、確実に滞在年数を満たしているかわからないという場合は、お気軽にお問い合わせください。 永住ビザ(永住権)を取り消されないように注意すべきこと 永住ビザ(永住権)は、滞在の期限に定めがないビザです。しかし、なにをしてもずっと日本に滞在できるわけではありません。法に違反したり、治安を脅かす行為をすれば強制送還の可能性はあります。それ以外にも、出国するとき、国内で引っ越しをするときなど、必要な手続きを忘れずに行うことが大切です。 日本を出国するとき 海外旅行や母国への一時帰国の際には、「みなし再入国許可」もしくは「再入国許可」を忘れずに申請しましょう。再入国許可を得ずに出国すると、たとえ永住ビザ(永住権)でもその資格および在留期間は失われてしまいます。 日本を出国して1年以内に帰国する場合は、永住ビザ(永住権)をお持ちの方は、「みなし再入国許可」の意思表示を出国時に行います。再入国出国記録に、みなし再入国許可による出国を希望する旨の欄がありますので、忘れずにチェックをしましょう。 1年を超えて出国するときには、事前に入国管理局で再入国許可を申請しましょう。再入国許可は、最長で5年間有効です。 取得した再入国許可の期限を越えても日本に入国しなかった場合、永住ビザ(永住権)は失われます。再度日本に入国するには、適切なビザ(永住権)を取得する必要があります。日本を出るときは、かならず再入国許可(または、みなし再入国許可)を忘れずに取得してください。 日本国内で引っ越しをするとき 日本に滞在する外国人は、居住地を申請しなければなりません。引っ越しから90日を超えても、役所に転居届や転入届を正しく提出しないと、居住地について虚偽があったと永住ビザ(永住権)が取り消しになる可能性があります。 まとめ 永住ビザ(永住権)の取得には、適切な書類の準備が大切 永住許可申請は、ご自身の状況に合わせて、必要な書類を用意することが、永住ビザ(永住権)を取得する際のポイントです。 当事務所では、永住許可申請に必要な書類のアドバイスや申請代行を行っております。専門家としての経験・実績に基づき、あなたの永住ビザ(永住権)取得をサポートします。まずは、お気軽にお問い合わせください在日企業商店も、在日一般家庭も、朝鮮人商工会・韓国民団が関与する偽装納税なのが実態・・ 国税庁が取り扱ってこそ納税である。
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する